責任感は重いがやりがいがある仕事

カテゴリ

最新情報

2017年12月25日
製薬会社の第二の営業の顔を更新。
2017年12月25日
責任感は重いがやりがいがある仕事を更新。
2017年12月25日
医療業界の陰のサポーターを更新。
2017年12月25日
転職先として有望なMRを更新。

注目記事

責任感は重いがやりがいがある仕事

MRは製薬会社と病院の橋渡し役 MRという言葉を聞いてもピンとくるのは、製薬会社や病院関係の仕事をされてい…

more

転職先として有望なMR

社会貢献度が高いMRに転職しよう MRの仕事は、医療品情報のスペシャリストとして、医師に色々な情報提供を行…

more

製薬会社の第二の営業の顔

製薬会社における花形職業 医薬品を正しい知識でセールスしていくMRは、製薬業界における花形職業です。MRは…

more

カレンダー

2018年11月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

MRは製薬会社と病院の橋渡し役

MRという言葉を聞いてもピンとくるのは、製薬会社や病院関係の仕事をされているくらいのものでしょう。それくらい、MRは知名度の低い仕事なのですが、私たちが安全に投薬治療を受ける上で、この仕事は切っても切り離せないくらい重要な役割を担っています。今回は、そんなMRについてご紹介していきます。
MRは日本語に直すと医薬情報担当者と呼ばれ、大きな分類であれば製薬会社に所属する営業マンのことです。しかし、営業と言っても直接病院を回り、自社製品を売るわけではありません。この人たちは、主に自社の医薬品に関する情報収集と顧客へのフィードバックを目的に働いているのです。
MRの仕事は、まず病院で使われることになった製品の効能(適切な分量や効能)をそこで働く医療従事者に説明することで、安全な使用を心掛けてもらいます。次に一定期間が経ったあと、自社製品に何らかの問題が起きた場合は、その詳細なレポートを会社に報告します。つまり、MRは病院と会社の間で薬剤の知識を円滑にやりとりできるようにサポートする仕事なのです。営業マンは売ることが第一目標ですが、MRは製品を売ってからもアフターサポートができるように、陰ながら尽力する仕事なので、地味ですが重要な仕事です。そのため、そこにやりがいを見出した人たちがこの仕事に就こうと、毎年認定試験を受けているという状況なのです。

適切な医薬品知識を発信する医療情報の専門家

医薬情報担当者(Medical Representative)という職業があり、通称「MR」という名称で呼ばれています。これは医療業界を裏から支える職業であり、現在の医療業界で流通している様々な医薬品に関する正確な知識を、医師など医療関係者へ情報提供するのがMRの役目となっているのです。取り扱う医薬品の品質、有効性、安全性について誰よりも精通しているのがMRであり、医療業界と患者双方にとって有益な結果へと導く重要な職業だと言えるでしょう。
人の命を左右する大事な医薬品情報を、医療関係者へ正確に発信する事からも、MRは決して気軽に従事する事はできない責任の重い職業です。それだけに一般職業よりも高い収入を期待できるなど好条件も魅力だと言えるでしょう。医療と患者の幸せに強く関われる仕事内容なので、ハードである分社会的意義は非常に高いのが特徴になります。本気で取り組む事ができれば、かなりやり甲斐の持てる医療職業の一つがMRなのです。
MRに就くためには膨大な勉強が必要となります。逆に言えばしっかり勉強して資格を習得する事で、一生仕事には困る事の無い社会ニーズの高い職業だとも言えるでしょう。理系出身者に向いていると思われがちですが、文系出身者でも十分MRの仕事は可能性あります。興味と意欲を掻き立てられる方は、一度MR認定試験について調べてみる事をオススメしておきます。

Copyright(C)2017 製薬会社と病院間の円滑な情報のやり取りを支えるMRという職業 All Rights Reserved.